image.jpeg
【写真】公演前ワークショップにて
風のみちで飛ばすアイテム作りに挑戦!

巷が運動会で盛り上がる5月25日、無事、こじゃずvol.7を開催&終了することが出来ました!

午前の部は満席、午後の部もそれに近いお客様にお越しいただきました。

心より御礼申し上げます。

公演の様子がわかる写真をいくつかご紹介します。





いよいよ本番まであと3日と迫りました。

おかげさまで午前の部は満席となり、
午後の部のみ予約可能な状態です

ただ、それも24日(土)朝7時45分のNHK「おはよう日本」の
放送終了後はどうなることやら。


ドキドキです。

先着20名さまのみ予約可能といったところでしょうか。

==

19日(月)にワークショップのリハーサルをやりました。
ホール内に大きな空気のトンネル(風のみち)をつくったわけですが、
これがなかなか楽しい!
まるで、水族館の透明な筒状の水槽のようでもあり、
その中を勢いよく風に飛ばされる作品の様は、
まるで水を得た魚のようでもあり…。

この体験、大人でもクセになりそうです。

あとは、この楽しさにどんな即興演奏が加わるのか。
まさにジャズのおもちゃ箱状態な、今回の企画。
ここでしか味わえない楽しさが満載です。
こうご期待!!
image.jpeg
只今、予約受付まっただ中である「こじゃず」が、あの夢にまで見たNHKにピックアップされました!

しかも、私ですら毎日見ている朝のニュース番組「おはよう日本」の中で紹介してもらえるのです。

放送日はこじゃずの本番前日の24日午前7時45分くらいからの「こそみみ」というコーナーとのこと。

こじゃずがどんな風に紹介されるかは19日の最終取材で判明するようです。ドキドキだ!

写真は右から、こじゃずのバンマスである松本さん、NHKの担当リポーターである上村さん、そして夢心地の田村。

image.jpeg
さて、今回のワークショップですが、普段は「ドゥイのこどもの造形教室」を主宰している轟さんと小野さんがおこないます。

内容は、日常の身近にある素材を使って風のみちを行進するアイテムを作っていくというもの。

彼らは、割合形にハマりがちで、自由な発想を前面に押しだすことが苦手になってきている今どきの子どもたちを解放させて、自然と、子どもたち自身の内側にある想像力を引き出す達人です。

こちらのワークショップは各公演1時間前からスタート!ぜひ、親子でご参加ください。

※写真左手が小野亜斗子さん、右手が轟岳(がく)さん。いつもユニットで活動しています。


image.jpeg
2週間後にせまってきました
【音と対話するコミュニケーション
ライブ こじゃず】。

昨日、ワークショップの流れや
内容を確認しました。

いやぁ、面白い!
公演前に作って、公演中に遊んで
公演後に忘れられなくなる!

身近な素材でどこまで感動が
生まれるのか、楽しみです。

気になるワークショップの内容は
また次回ご紹介。